月別アーカイブ: 7月 2013

25年前期メドックボイス大賞

今回は2つの投稿がメドックボイス最優秀賞に選ばれました!
紹介します!

職員:K
対象者:O様(お客様)の娘様
内容:療養病院へ転居となり、メドックに戻れなかったO様の娘様よりお手紙を頂きました。
感想:どんどん母の様子が良くなっていくのを見るのがとても楽しみで嬉しかったと仰ってくれました。
   お話の最中に涙され、本当はもっとここで暮らしてほしかった。ありがとうと頭を下げられました。
   頂いたお気持ちを忘れず、これからも利用者様に心こめて接していきます。
   ※添付の手紙には紙パンツが取れたこと、歩行器で歩けるようになったこと、
    食事や行事など思い出ができたことなど大変感謝していますとのお言葉がありました。

職員:N
対象者:Oさん(職員)
内容:介護福祉士の勉強会を開いてくれました。
感想:感謝です。知っている受験者へ声をかけ、勉強会を開いてくださり、たくさんの資料やナイスアドバイス、
   本番さながらの緊張感もあり、納得いくまで付き合っていただきました。ありがとうございました!
   O塾の塾生5名みんな合格しました!

Kさん、Nさん、素敵なボイスありがとう!
そして最優秀賞おめでとうございます!

※ちなみに「メドックボイスとは?」は
 ブログの【豆情報】メドックボイスってのがありまして…をご覧ください。

メドック東浦 事務部 吉田

2013年07月20日   カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

【豆情報】メドックボイスってのがありまして…

メドック東浦には「メドックボイス」ってのがあります。

簡単に言うと職員用の目安箱みたいなものですが、
上司への意見や体制不満だけでなく、
今日あった素敵な出来事など「ちょい、聞いたってちょ」を書いてます。

まぁ基本的には書く内容は自由にしてます。

宛先は施設長、事務長で、
コメントをして、みんなへ公開していきます。

(当然、公開不可としている投稿もあり、
 それへはコメントだけして本人にお返ししてます)

ある程度スタッフへはノルマを決めて
「提出しなさい」としてます。

なんで始めたかというと…

当たり前ですが、介護ってお客様と「毎日」「直接」「1対1」でやりとりをするんですね。
素敵な出来事があっても
大変なことがあっても
イチ介護者で完結してしまうことが多いんです。
これはやりがいでもあり、しんどいことでもあるんです。

なので、もっと「周りから評価がある」を大切にしたかったんですね。

「みんなに知ってもらうため」
「自分も忘れないため」

だからあえて、
その出来事を思い出して
文章におこせるよう
カードにしました。

メドックでは半年に1回「メドックボイス最優秀賞」をノミネートします。

当然最優秀ボイスへは嬉しい金一封があります♪

この仕事にしかない素敵な出来事を見逃さないこと
んで、一人で行き詰らないこと
の為に「メドックボイス」作っています。

いつか、ご利用者様用も作りたいと思っています。

メドック東浦 事務部 吉田

2013年07月19日   カテゴリー: スタッフ募集, 特別養護老人ホーム | コメントをどうぞ